読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

paper-view

ksk@ぴよによるノンジャンルみだれ手記

コミケで買った本とかの感想の話

感想戦だよ!

 

敬称略します。

・「STAR FOX64 元ネタ大全(仮)」/ ねじの木/さいはて

スターフォックス64に登場する諸要素の元ネタと思われるものを探した本。

スターフォックス64は誰もが認める超名作3Dシューティングだと思うのだけども、こういう作品の系譜的観点で観たことはなかったのでそういえばという感じ。特に言われてみればスターウォーズ的要素に溢れているんだったというところは目鱗ですわ。こういう考察だったり、関連性を知るのは楽しいことです。

 

・「種族統一パ概論」/みの研

ポケモンにおけるちょっと特殊な対戦概論。ラブライブイズ本の育成スタッフたちが「闇が深すぎる」と恐れていたのでおそらくガチ。というか自分、これを会場で「タイプ統一」だと思って買ってたのだけど、ぜんぜんそんなことはなかった。つまり何かのポケモンとその進化形だけで構成されるパーティー。よく考えたらブイズもそれだけど、この本はミノマダム統一パーティーとかすごい書いてある。こわい。

 

・「はじめてのドットえししゅう」/ゲームの刺繍

ドット絵の刺繍を作ってみよう! という入門本。表紙がオホーツクに消ゆなのがアツい。そもそも自分は刺繍をちゃんとやったことがないわけだけど、こういう新しい知識をくれるようなものは観ているだけでも楽しい。何かの資料にもなるかもだし。

 

・「Magical Drop Festival」/Happy Drop

キミはマジカルドロップを知っているか。今は亡きデータイーストの名作パズルゲームである。システム面では、初心者の参入障壁がちと高めなのが残念だが、玄人同士のバトルはものすごくアクティブでスピーディー。そして自分と同じ年代で思春期にゲーセンに行っていた人間でワールド様のお世話になっていない奴はモグリだと声を大にして言える。ので、友人が売り子だったし顔出しに行ったわけだけど、知ってる作品だったし楽しい。キャラクターが懐かしくて、またこのゲームやりたいなと思ったわけだけど、開催されていた対戦会は予定があったので不参加で残念。ぐぬぬ

 

・「アンリミテッド:サガ真説明書」/まろばし

実はアンサガをきちんとやっていないのだが、これは絶対手元に置いておいたら老後に役に立つと思って購入。友人が「誤字じゃないの?」って言いかけたのがアツかった。

 

・「壁の街、海の街 カルカソンヌドゥブロヴニク」 / Circle Trebuchet

ozakikazuyukiさんとこ。完全に顔を忘れられてたリアクションをされたのが印象深い。内容は上記の街の写真とテキスト。写真が命だし、こういうのをコミケでやるためのプロデュースってすごく大変だろうなと、浅い参加経験で思う。

 

・「打切ジャンプvol2」/ジャンプ打切漫画愛好会

しまじゅんとこ。巻頭の座談会の場所提供をしてたので、議論を聴きながら「これ大丈夫かなぁ毒多すぎないかなあ」と心配していたのだが、出てくる毒は基本死ぬほどジャンプ読んでないと出せない奴が多かったので、これこそ評論なのかもしれないなと思った。最近ちゃんとジャンプ読んでないというか、雑誌をきちんと追うっていうことの大切さをもう少し重視したい。むずかしいけど。

 

あと、てふや食堂さんの本を二冊。実践していきたい。

 

ここまで一日目。ここから三日目。

 

・「池袋晶葉と律子対ロボ律子」 / LikeFairly

お世話になったサークル様。当日はありがとうございました。当日アイマス関係は全然回らなかったので、アイマス関連は本当にこれだけ。そういえば最近ロボ○○ってあんまりないなぁ。もう少しロボ化については何かこう、フェティシズムを持つ人が増えてもいいと思う。全員ロボアイマスとか。ロボマスとかっていう特殊ジャンルで。

 

・「オトノキザカミステリー紀行」 / 画面端の夜

お隣に配置されたサークル様。当日はありがとうございました。これも「にこロビン」もそうだけど、なるほど、自分たちがやってたのはクロスオーバーだったのか! と今更ながらに実感したのであった。ミルキィホームズを知らないのが痛かったけど、こういうところからの作品の入り口もあるんだろうなぁ、自分もスパロボから入ったロボットいっぱいあるし……などと考えていた。にこが死んでても誰も気に留めない表現が忘れられない。

 

・「にこロビン 伝説のアイドル超人伝説」 / あばずれおダンゴ

お世話になったサークル様。当日はありがとうございました。色々なご縁が重なって現在に至る。それにしてもこの画の画力というか、とにかくパワーについては恐ろしくズバ抜けててすごい。崩れ落ちる。短いページで閉め方まですごいキレイだと思うんですよ。ってあんまり褒めると気持ち悪いだろうか? いやでも、自然とすごいことやってると思うんですよ、これ。

 

・「うらなっちゃってよのぞみちゃん」「まきちゃんカレーだかきくけこ!」/あじ塩

漫画ってほんとに自由だしとにかく書けばいいしこれこそ味だよっていう感想。自分のサークルからここがずっと見えてたので絶対手に入れようと思って行った。これは絶対見たほうがいいと思う。なんていうか、あ、自分も明日からちょっとずつ漫画描こうかな、くらいの勇気はもらえる。どっちもすごい作品なのだが、のぞみちゃんの方はゲストのページの使い方が完璧だったし、まきちゃんの方は最後なんか綺麗にまとめてて気持ちのやり場がなくなってどうしたらいいかわかんなくなった。

 

・「ラブライブ4コマまとめ本A」/お気楽ラフ日誌

フルカラーで50ページ……と思うとものすごい。……ものすごい愛だ。実はC87でも参加してたサークルから近かったので買わせていただいており、そのまま今回も。コンスタントに作品数を重ねられるってすごい、ほんとすごい。

 

・「みゅーずあらかると3」「みゅーずあらかると怪盗えりち編」/*rabbit

よく友人がこの作家さんの漫画をRTしているので、印象に残って購入。ほのぼのしている絵柄。一次創作でも二次創作でもなんでもそうだけど、自分のスタイルが確立しているってほんとにすごいことですよね。

 

 

といったあたりが本のお買い物でした。もうちょいいろいろ書くつもりだったんだけど、長くなってしまったので次回へまわします。次はCDと総論ね。たぶん。