paper-view

ksk@ぴよによるノンジャンルみだれ手記

言葉とその機能について(シン・ウルトラマンの感想)

「シン・ウルトラマン」を観ました。

shin-ultraman.jp

 

ウルトラマンについて、シリーズの素養が全然ないのでそちらの方面での感想は置いておくとしまして、シン・ゴジラからシン・ウルトラマンと続く「言葉の美しさ」について綴ってみたいなと思います。

 

シン・ゴジラ、シン・ウルトラマンともに、政府の事務官による機能的な言葉のやりとりが展開されるんですが、これが非常に美しくて、両作品とも楽しく聴いていました。いわゆる「耳が幸せ」という状態です。

 

幸せに感じる理由は「目的を達成するための言葉選び」が隙なく選択されているからです。

 

ある程度以上大きな組織・集団で行動をするとき、その内部を統制するためにどうしても課題となることに「目的」と「手段」に対する個々の観念の違いがあります。一般的な言い換えを試すとすれば「人を殺してはいけない」ということについて。目的は殺人の発生数を減らすことが選択されたとして、それに対しての手段、個々人が「自分が殺人を犯さない理由」には幅があります。

この時「目的」ではなく「手段」に対して感情的に同調するような方法を取って自身をコントロールしようとすると、では目的が変動して戦場に戦士として参加し、積極的に殺人を犯さなくてはならない状況になった場合には選択した「手段」もしくは手段を肯定するための感情に縛られてしまい、状況に対してエラーが起こります。

 

とはいえ「目的」というのは手段やそれを支持する感情に対して上位の概念なので、全体で一律に共有することは困難だったり、手段の前に忘れ去られてしまったり、そういうエラーが起こりやすくなる。でも、状況が目まぐるしく変わり、それに対する即応が求められるような状況では「目的」が共有されたメンバーが全体を担っていないとその下位にある手段が破綻を起こします。

 

どちらも人類が超危機的状況にある中で組織の機能美を描くシン・ゴジラとシン・ウルトラマンでは、この状況に対して「目的」(=国防、存続、巨大不明生物/禍威獣の排除)に対応する、「目的」のために己の領域でベストを尽くす人々の戦いなので、ここで発される言葉は非常に研ぎ澄まされていて、聞いていて気持ちが良いのです。

 

それらは顔が登場しない諸外国勢力、外星人でも徹底されていて、全編にわたって個々人の私的な領域以外では一切「感情が手段や目的より前に出てしまう」というようなことがなかった。だからこそ私的な領域で出てくる個々の登場人物の私的な言葉に人間味が強く感じられる、と感じたのです。

 

言葉以外の映像も、楽しく観られる箇所がたくさんあったのですが、ひとまず言葉について持った感想でした。

ベアルファレス(2000年・ゲーム)感想

ベアルファレス」というアクションRPGゲームをクリアしました。

 

www.jp.playstation.com

 

プレイステーション2が発売される少し前のゲームで、ソニーから発売されています。

遊んだきっかけは、自分が「プレイステーション1時代のTVCM」が大好きで、それを収録した媒体であるプレイステーションの会員サービス会報ROMをオークションや中古ショップなどで買い漁っていまして、そのROMの中に収録されていたティザームービーで興味を持った、というものです。

 

遊んだ媒体はゲームアーカイブスPSvitaにて。

実際に遊んでみると、PS1時代のゲームとしてはかなりレスポンスがよく気持ちいいです。ロード時間も気になるほどの長さではなく、ゲームとしての作りの丁寧さを感じます。

 

お話は「メイドインアビス」っぽくもあり「風の谷のナウシカ」っぽくもあり。基本、突如発見されたダンジョンとそこに挑戦するための集落しか描かれないので、世界を旅するような広がりがあるものではないですが、その代わりにこの局所に対する設定の深さはすさまじいので、お腹いっぱいになれます。

 

アクションRPGのシステムとしてはPS1としては驚くくらいにステージ上の「タイル」を厳密に守った作りになっています。タクティクスオウガファイナルファンタジータクティクスのような画面でアクションRPGをやっている、と言えば良いでしょうか。聖剣伝説のようにフリーな動きはできません。その代わりに、各アクションはその厳密なタイルを活かしたものになっており、アクションとパズル要素がちょうどよく配置されているので、単調に陥ることもありません。

 

ゲーム難度としては中程度かやや難しめ。レベルの概念がありますが、一方で時間制限を厳しく要求されるようなマップもあり、プレーヤースキルは必要とされます。ゲーム初心者に対してはなかなかシビア。ラスボスはレベルを上げて物理で殴るが通用しましたが、それまでの本編を正攻法で戦っていてもラストでわけがわからん密度で襲われ、スキルで勝てたという印象が残っています。

 

主人公以外に2名のキャラを同行させダンジョンに挑戦し、キャラクターとの関係をはぐくみ、キャラクターとのエンディングがあるのですが、メインシナリオも含めこのキャラクターたちとの関係に用意されたテキストの量がどうやらすさまじいです。プレイは通しでゲーム内タイマー10時間程度ですが、仮に全てのイベントテキストを観ようとすれば、この無数の組み合わせに挑戦していくことになるわけで、ものすごいボリュームです。

 

ドット絵もモブも含めてかなり細かく動くので、今の時代にsteamなどでインディーゲームとして販売されても十分戦えるのではないかと思います。当時の売り上げ本数は1万本程度のようで、隠れた名作と言って差し支えないのではないかと。

 

自分はサラエンドでしたが、もっと条件の厳しそうな他のエンディングも気になるところです。

続・夕陽のガンマン(1966年・映画)感想

薦めていただいたので「続・夕陽のガンマン」という映画を観ました。

1966年のマカロニウエスタンです。

 

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B016E46CDO/ref=atv_dp_share_cu_r

 

原題は「The Good, the Bad and the Ugly」で、主演のクリント・イーストウッドを「善玉(good)」としてそのほか「悪玉(bad)」「卑劣漢(ugly)」で三つ巴のドラマを描きます。

ストーリーとしてはトリックやネタバレされてどうだ、というほど複雑ではなく、シンプルに荒野で、大金を争って三者が活躍するウェスタンであり、最後に三つ巴の決闘の末に――という展開です。

当時の映画らしくテレビ的な事情に左右されないので、上映時間は178分。たっぷりと役者の演技を楽しむことができる時間です。特に睨み合ったり、緊張感のある場面では贅沢に時間を使って画を作れますので、そこに今の映画とは趣が違う楽しみがあります。

緊張感ある中での役者のアップ、目線の演技をこれでもかと見せてもらえました。タイトルの訳語は非常に難しくて、特にuglyを卑劣漢と訳すことは果たして正しいのか否か。(卑劣漢でgoogle検索すると現時点でザボエラ(ダイの大冒険)が出てくる)テュコ(イーライ・ウォラック)は経歴は悪い奴ですが、映画の中の役回りだけで見るとその訳語とはちょっと違った印象でした。もっとコミカルというか。

 

紹介してもらった時にはクライマックスで流れる曲「エクスタシー・オブ・ゴールド」を併せて教えていただいたのですが、まんま「これはどう聴いてもワイルドアームズ1のフィールド曲のオマージュ元……!」という感想になり、名作が頭の中で繋がっていく快感がありました。

 

youtu.be

 

これでもかというマカロニウェスタン。とはいえ、現代でそういう言葉を知っていても、その原点になるような作品には殆ど触れていなかったので、とても良い機会でした。

ミセス・ノイズィ(2019年・映画)感想

薦めていただいたので「ミセス・ノイズィ」という映画を観ました。

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B09B6JQT5K/ref=atv_dp_share_cu_r

 

引っ越してきた女性作家家族の隣人は早朝から声を挙げて布団を叩く怪しげな中年女性。作家業もうまくいかず、遊びたい盛りの娘にも悩まされる主人公の真紀、あるきっかけから隣人の女性をネタに小説を書いたところ、それが売れてしまい……

 

というあらすじの現代ドラマ映画です。ネタバレをするつもりはあまりないのですが、どうしても感想を言おうとなると終盤の感情について述べざるを得ないので、一応以降は追記扱いにしたいと思います。

 

続きを読む

ポート7144より愛をこめて

先日、久しぶりに自分が7144勢であるという話をした。その直後、YPの一つであるTPが閉鎖になったと聴いた。なかなかタイムリーで、いろいろ懐かしいものを思い出したので、最近感じたことを書いておこうと思った。

 

7144勢というのは、peercastというソフトを使用してゲーム実況をする人のことを言う。今でこそ身近になったゲーム実況だけれど、自分が配信をはじめた2007年頃は配信をするのもみるのもハードルが高かった。peercastというソフトを導入して、ルーターのセキュリティ設定をして、配信ソフトの設定をして、PCにキャプチャボードをつけて、と買い物も調べ物もたくさんしなくてはならなかった。7144というのはpeercastを正常に動作させるために設定が必要なルーターのポート番号だ。

 

自分がどうして配信を始めたのかはよく覚えていない。インターネットを介してリアルタイムで何かを伝えられる、というのが自分にとって面白かったことはよく覚えている。だからpeercastの前に、winampshoutcastを使って音楽を流して、それが誰かに届いて楽しかった、という遊びをした記憶もある。そこからの流れでゲーム配信の方法にたどり着いたのだと思う。

 

友人を誘ったりしてのめり込んだ4,5年間くらいのゲーム実況配信生活はなかなか楽しかった。新しい友達も増えた。スペックの低いPCをどうにか工夫して配信用に仕立て上げ、フリーソフトを組み合わせ、毎夜のようにゲーム実況を配信していた。過去にやり損ねたゲームを沢山買って遊んだ。

 

楽しかったのは、ちょうどよい人口で観てくれる人がいたからだったのかもしれない、と今は思う。「おいすー」が7144勢の挨拶だ。配信をはじめればタイトルに興味のある人やよく来てくれる人が挨拶をしてくれる。逆にこちらも誰かの配信を観るときは「おいすー」とコメントする。それが毎晩だ。

 

コメントは楽しい文化だ。これはつまるところラジオのおたよりコーナーのようなもので、とにかく「自分が書いたもの」を読んでもらえるのが楽しいのだ。書いてから表示されるまでのタイムラグ、表示されたものへのリアクション、会話とはほんの少し違う流れの中にある、気楽なコミュニケーション。

 

これが崩れたのは、ニコニコ動画にゲーム実況文化が流入して、ニコニコ動画上でも生配信ができるようになったころだったかとぼんやり記憶している。2010年とかそのあたりだ。ゲーム配信は当たり前のものになって、ゲーム実況者、観覧者両方が大幅に増えたとき、気楽だったコミュニケーションがじわりと減った。「おいすー」は観られなくなって、いつしか虚無を感じて自分はゲーム実況から離れた。何かが変わったな、と思ったけれど、この時はまだあまりうまく言語化できなかった。

 

近年ようやく、その一端が言語化できるようになった気がする。自分がゲーム実況に求めていたことは「誰かの家に遊びに行くこと」と「誰かを家に招いて遊ぶこと」だったのではなかったか。

小学生から中学生のころ、学校が終われば毎日のように誰かの家に集まって、もっぱらゲームをした。格闘ゲームだったり、桃鉄だったり、がんばれゴエモン4のミニゲームだったり、スマブラだったり、ゴールデンアイだったり、マリオパーティーだったり。ここには「完全には固定していない、でもおなじみの遊びのメンバー」が居て「気楽な言葉のやりとり」があって「自分は持っていないけど誰かが持っているゲームを観たり、自分がやっているゲームを見せたり」する時間があった。友達がテレビで一人でゲームをするあいだ、自分は携帯機でゲームをしたり、友達のPCを借りてBMSフリーソフトをした。

 

この時間と空間の共有が大事だったのだ、と感じたのは、コロナ禍でdiscordを使って友人たちと遠隔・半固定の緩い交流の空間を持つことが再び可能になったことがきっかけだった。

人のゲームを観ているのも楽しいし、自分がゲームをしているのを観てもらうのも楽しいということを久しぶりに感じた。複数のグループから人が集まり、交流して、文字と音声で会話するのが楽しいと感じた。これは、自分がpeercast実況配信を通じて感じていたものと近いような気がした。

 

ゲーム実況は2022年現在、全く新しいものではなくなった。Vtuberが無数にいて、ツールも発達し、twitchのような配信サイトも整っている。でも、人口が多くなりすぎている。「ニコニコでは絵も描けない音楽もできない踊りもできない人がたどり着くのがゲーム実況」と友人から言われたのはいつの日だったか、今ではゲーム実況はある種ショウビジネスの最前線で、それゆえ地獄のように人気商売だと感じる。

 

Vtuberのようなものは全く憧れを感じなかった。最新のエンタメだと思いつつも積極的に調べる気持ちもあまり湧かなかった。強がりのようなものだろうか、とも考えていたけど、でもたぶん違っていて、きっと「遊びに行く」「遊びに来る」という感覚と遠いところがポイントだったのかもしれないと思うようになった。非対称なのだ。アイドルに近いのだろうけど、アイドルは急に沼にハマるもので、こちらの方向性で考えると、自分はたまたまVtuberの沼にはハマっていない。

 

どんなものでも人口が多くなれば、コミュニティは似たような経過をたどって性質を変える。ゲーム実況配信もそうだし、ゲーム音楽演奏もそうだ。e-sportsもそうらしい。たぶんこれからはRTAもそのフェーズに入る。仕方のないことなんだろうと思う。

 

それでも、自分にとって「誰かの家に遊びに行く」「誰かに家に遊びに来てもらう」ということは大いなる楽しみであることに変わりはない。コロナ禍で過去のような活動方法が難しくなって浮き彫りになった。だから自分にとってちょうどいい人口で、興味のある分野のところで、気楽なコミュニケーションをしながら遊ぶ、そういう場所を探し続けるか、作り続けるのだと思う。

 

また、誰かと「おいすー」のような挨拶を、日々に交わせる関係を求めて。

子供が三歳になりました

先日、子供が無事に三歳の誕生日を迎えることができまして、そろそろ出産を控えた友人が便利だったものは何かあるかと言っていたので、そういえば何があったかなぁ、などと思い出したりしていました。

 

ということで簡単に思い出しながらメモしてみます。

 

ダイソーのジョイントラックシリーズ

まだ歩き回れない程度まで活躍。かごタイプを2つ縦に繋いでキャスターをつけ、おむつやらお尻拭き、綿棒なんかを乗っけてラックにし、おむつを替える場所までコロコロさせて使いました。動き回れるようになってからは危ないので解体。活躍時期が短くても処分するのに躊躇しなくていいのが100均アイテムのよきところ。

 

ダイソーの製氷トレイ

離乳食の冷凍用(離乳食は妻が作っていたので自分は解凍くらいしかしてないけど)に。活躍時期が短くても処分するのに躊躇しなくていいのがよいところ。一つのお店にそんなに大量に置いてない場合があるのでお生まれになる予定がある場合は早めに集めてもいいかもしれないです。

 

■alfred camera(https://alfred.camera/

最近まで活躍したアプリ。使用していないタブレットなどをベビーモニター化できて、かつ暗視モードまで備えているので寝かせたあと急に起きたときなどに便利でした。ベビーモニターは単独で買うとそれなりのお値段がするので、型落ち品などを使って工夫できるのはとても楽。

 

■イレクターパイプ(https://www.diy-life.net/

ネットで知って、フェンスとして現在も活躍中。ダイソーのワイヤーネット、結束バンド、家具耐震用の突っ張り固定具などを併用して長いフェンスを作りました。フェンスも専用の製品だと長くなればよいお値段がしてしまうのと、リビングの一辺を丸々ふさぐような長さのものはなかなかないので、これなら安価で済みました。プラスチックジョイントは作成時かなり匂うので、金属ジョイントの方がよさそうです。バラすこともできるし。

 

amazon

躊躇なく通販で買う。primeに入って配送料を無料にし、オムツとかお尻拭きとか大人が飲むお茶とかも箱で買って買い物に使う時間を減らすのが巡り巡って自分たちの健康につながるわけです。ありがとう配送業者さん。

 

ネットでいろいろ見聞きするさまざまなテクみたいなものは、あんまりがっちりハマったなぁ、というものはないし、子供の成長は日単位なので、何か攻略法を、というよりも昨日までの正攻法はもう今日は通じない、という覚悟をキメることが一番自分の心身を守ってくれたような気がします。

なにはともあれこれまで大きなケガや病気もなく来れたのが本当に幸いで、親族友人たちにも可愛がってもらい、有難く思っています。このコロナ禍でこれからも気は抜けないですし、ひとつ出かけるのにも思い悩む日々ですが、これからも思い悩みながら前に進んでいきたいと思います。

ゲーム「スバラシティ」感想

インディーゲームを紹介する本で知って買った「スバラシティ」というソロパズルゲームが面白いので紹介します。

 

store-jp.nintendo.com

 

リンクはswitch版ですが様々なプラットフォームで展開されているようなのでどれでもOKかと思われます。ゲーム性的にはスマホ版が適しているかも。

 

ゲームは簡単で、5×5のマスで隣り合った同じ色のブロックを選択すると、選択したマスにブロックが合体します。重力方向にブロックが整理され、空いたマスは上からブロックが降ってきます。

ブロックは合体するとレベルが上がっていきます。レベル10に達するとブロックの色は白で統一されます。

白いブロック同士は合体が一度のみ行え、できるだけ多量のレベル10ブロックで合体すると高いスコアに。

10レベル同士で合体後のブロックは、以降はマップに居残り続けます。

 

このようにして、できるだけ高いレベルのブロックでマップを満たすのが目的のゲームです。完全手づまり=合体できるブロックがなくなるとゲームオーバー。

画像

 

一定スコアごとに任意の1ブロックを除去できるので、それで都合の悪いブロックを除去しプレイを継続することができます。

 

という、簡単なゲームなのですが、パネルレベルが建物で示されデザインがすっきりしているのと、簡単なルール、1プレイあたりのストレスの低さでとても気軽なよいゲームです。ワンコインで買えるのも素晴らしい。

 

ノーマルモードの音楽が天に召されそうなのがちょっと気になりますが(笑)おすすめです。