読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

paper-view

ksk@ぴよによるノンジャンルみだれ手記

いかにして僕は友人の結婚式披露宴を欠席するハメになったか

※僕が食中毒と思われる症状で悩んだ記事ですので嘔吐表現がございます。

苦手な方は避けてください。

 

そういうわけで、土曜日は友人夫婦の披露宴だったのですが。

事の発端は金曜の夜。金曜終わったぜヒャッハー! と呑み面子を誘ったことが発端。

結果として僕を含んだ4名がとある店に集まることになったのです。

呑みはときメモ(いまさら1)やらラブライブやらの話で盛り上がり、11時頃に解散。

自宅までは徒歩で帰れましたので、友人たちと共に徒歩で。で帰宅。

直後、強烈な吐き気。

 

でもおかしいのです。

まずここ数年、僕は泥酔して嘔吐することがありませんでした。

理由は無茶な呑み方をしなくなったからです。

たとえば日本酒の入ったグラスを一気とか、過度のちゃんぽんとか。体調が悪いとか。

今回は睡眠は十分、体力も問題なし、お酒も最初のビール以外は日本酒のみ、そして翌日は当然披露宴がありますからここで打ち止めという気持ちもあります。

なのになぜ。という気持ちで、これはとりあえず出して、水たっぷり呑んで寝ておこう……と、簡単に処理して寝たのでした。

就寝は12時前後。妻は「クソ酔っ払いだな」と思っていたそうです。

 

翌朝6時頃。止め忘れた平日用のアラームに起こされ、直後急激な吐き気。

トイレでおぼろrrrrrrrrrrrrrrrrrrして考えたのは

「解せぬ……」

でした。

とりあえず寝ておけば、多少二日酔いが残るにしてもアルコールは殆ど消えるし、何より朝になってこんなになるってことはない。

なにより二日酔いで欠席とかあってはいけない。

まぁ、ぜんぶ出ちまえば大丈夫だろ、と思って水とウコン呑んで再度寝ました。

 

朝8時の僕「おぼろrrrrrrrrrrrrrr」

 

朝10時の僕「おぼろrrrrrrrrrrrrrr」

もう水も喉通りません。

 

この辺で妻が「これはクソ酔っ払いとは違うやつだな」と思ったそうです。

ぼくもさすがにこれはおかしいなと思いつつ、こりゃ披露宴(午後3時から)は間に合わんな、と思ってきました。

まじめに考えます。これ食中毒かもしれない。

だとすると、むしろ披露宴とか行くのはまずい。

でもそうだとすると他のメンバーは大丈夫なのか?

そう思ってツイッターで問うてみるもどうも大丈夫らしい。

検索しても、どうもあまりしっくりくる結果が出ません。食中毒っていうとすぐにノロとかカンピロとかアニサキスとかの重ためのやつが出てくる。

自分では診断できないので、二日酔いだとしたらかっこわるいなぁ、そんなに老いたか? とか思いつつ。

結局妻に披露宴に行って貰って、自分は休むことにしていたのですが。

 

12時頃目が覚めた時には、思った以上に胃が軽い。

これは……? 起き上がって、さっきまでとは違う感覚。

妻に買っておいてもらったゼリー飲料もごくごくいけます。

 

どうも大丈夫になったようです。

それでも体力的にはゼロでしたので、ひとまず披露宴の時間は休むことに。

胃もまだ胃液の存在を普段よりはっきり感じてます。

そして原因探しをする中で、ひとつの事実に。

昨夜のメンバーのうち1人が、僕と同じように夜、胃がカラになるまで嘔吐してたようでして。

本人は呑み過ぎだと思っていたようなのです。

ぼくとその1人だけが先行して到着していたので、その二人だけが食べていたものがあります。

どうもそれがダメになっていたのではないか、と。

ひとまず、毒が全部出た時点で回復に向かったのはうれしい。

 

結局、せめて顔は出したい! と二次会にはノンアルコールで出ることにしたのでした。

不運とはいえ、新郎新婦には申し訳ないことしたなぁ、と思いつつ、とりあえず顔が見れたのでそれはよかったなと思います。

こんな話書いててアレですが、ぜひ幸せになってもらいたいと願ってます。

 

あとほとんど全員から「大丈夫ですか」って訊かれるのはかなり恥ずかしかったです。

お騒がせしました。

 

で、今回別にリスクあるものを喰ってたわけじゃないんですが、食中毒は怖い。

そもそも食べることには常に一定のリスクが付きまとっているわけですが、食べずに生きられない以上はどうしてもついてくるリスクです。

今回の店に恨みも無いですし、今度も美味しいごはん食べに行きたいですが、久しぶりに食の怖さも感じた一日でした。

皆様も食中毒にはお気をつけて、手洗いと十分な加熱を。