読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

paper-view

ksk@ぴよによるノンジャンルみだれ手記

インフルエンザに罹患してたあいだに楽しんだものの話

インフルエンザに罹った。

自分の感染源は間違いなく妻なんですけど、妻がどこからもらってきたのかは不明。そういうわけで、ちょっと長めの休暇をいただいてました。

 

動けないんだから積みメディアをいまこそ減らすっきゃない!

ということでいろいろ読んだり観たりしたんすよ。

 

・燐寸少女/鈴木小波

漫画です。

不思議な少女からもらうマッチを擦ると妄想が現実になる……という設定でエピソードごと完結のお話。作者の絵柄と内容がマッチしていて、雰囲気がしっかりしてます。……マッチだけに……

この手の不思議アイテムとちょっとダークな感じのお話、という形式はいろいろ挙げられますが、これはとくに絵やコマの幻想的な仕上げや画角が優れてます。迫力ありますよ。

 

 

 三巻まで出てたのね……ナンバーが着いてなかったから一冊で終わりかと思ってた……

あと、同じ作者様の「魔女の箱庭と魔女の蟲籠」も買いました。

 

スターウォーズ エピソード1~3

映画です。何を隠そうさいきんまでスターウォーズ観たことありませんでした。それで二年位前だったか、4~6を観たんですが、その後貸してもらった1~3をずっと(素面で)観る機会がなく、いまこそ! ということで観たのでした。

結局のところ4に繋がる話を書くとなるとキャラクターの生き死にとかはすでにわかっている状態なわけですけど、その間でどういうドラマを作るか、ってことになると思うんです。

そういう意味ではこのドラマは、めちゃくちゃ面白いか? というとそうでもなかった。しかしこの世界観の広さはすごく面白いんですよね。いろんな種族があって、いろんなマシンがあって、勢力や人間関係があって、歴史がある。これらのピースがちゃんと置かれていて相互に関係しあっている物語世界の箱庭を観ているだけでとてもワクワクする。

最後に、すでに判りきっている引継の展開まで来たときに、繋がったことの楽しさがあるのも面白いんですよね。

ところで、4~6の話を四割くらい忘れていることに観終って気づきました。レイア姫がやたら露出度高い服を着させられてたことは覚えてるんだけどなぁ。

 

ソウルキャッチャーズ(11)(完)/神海英雄

感情情報量が多すぎる!

素晴らしい幕切れでした。ソウルキャッチャーズが一連の話の中でしていることはすごくて、それらのうちどれだけのものごとが作者の手によって発明されたものなのかはわからないのですが、とにかく「音楽」を「マンガ」にすることにこんな手法をとるなんて! という表現がどんどん出てくるのがソウルキャッチャーズです。

中でも最終二巻は、基本的に自分との戦い、に終始するしかない音楽というものを、リアルタイムの対決にするということを解決してて、これはすごいことです。

料理バトルだったらその場で二者が料理しても大丈夫。邪魔にならない。

絵画バトルでも二者同時に制作進行して大丈夫。邪魔にならない。

でも音楽バトルは二者同時に進行すると「混ざってしまう」のです。

これをどうやってライブ感をもって解決します? っていう話なんです。

すごいですよ。

そして、これほど楽器やりたくなる漫画もなかなかないと思います。

 

SOUL CATCHER(S) 11 (ジャンプコミックス)

SOUL CATCHER(S) 11 (ジャンプコミックス)

 

 

 

メタルギアライジング

中古で買ってずーっと放置してしまっていたやつ。ミッション2の終わりまで進めたかな。

アクションヘタってわけでもないと思うんですが、難しいです。戦闘を有利に進めるためにはカウンターをとるのが重要なんですが、このカウンターが、いっぺんニュートラルにする→相手の攻撃タイミングに合わせてボタン入力 ってなもんで、このいっぺんニュートラルにするのに慣れない。雷電切られまくり。ごめんね……

映像はすっごくかっこいいんですけど、ちょっと雷電の印象が変わって見えますね。作画の問題で。

 

メタルギア ライジング リベンジェンス(通常版)

メタルギア ライジング リベンジェンス(通常版)

 

 

スーパーロボット大戦BX

ちまちま進めてましたがやっとクリアーした!

スパロボについては説明不要と思いますが、実は「アムロとシャアが出ない」スパロボやったのは初めてです。

BXが出たときに話題になったのはやはり「騎士ガンダム物語」の参戦だと思うんですが、このキャラたちがいっぱい動いてたのはとても良かったです。一方で「アルガス騎士団」の合体技が無かったことはとても残念。なぜないんだ!

周回はできないだろうと思って最初から攻略見ながらやってたんですが、AGEの面々は全然救えませんでした。ごめんみんな。

 

 

・蟲姫さま(iOS版)

先日無料になってたときにDLしたもの。

果たして弾幕iOSの相性はどうか……と思ってたんですが、思った以上にプレイは難しくなかったです。ただ指に気合が入りすぎて痛くなりました。液晶はさすがに割れないと思うけど。

弾幕やらのシューティングは最近コンシューマーよりもsteamとかみたいなので、そっちも気になっています。

 

・そのほか

あとは撮りためてたアニメを観たり、DLしたままになってたPSP版「車輪の国、向日葵の少女」をプレイし始めたりしていました。

 

インフルエンザはおかげさまで熱も下がり、ほぼ元の体調に戻ってきました。皆様もしっかりお気をつけて、うがい手洗い対策をしてお過ごしくださいますよう。