読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

paper-view

ksk@ぴよによるノンジャンルみだれ手記

実際その人たちが上官だったらどうかなって妄想してた話

仕事しながら、そういえばゲームなりアニメなりの「上司」って実際自分が仕事したらどうかなぁ、とか思ってました。その記録です。

 

記録ですって言われてもな……

 

■ブライト=ノア(機動戦士ガンダム

実行力はあるがやや短気で、怒鳴ったりすることも多いので面倒そう。気苦労も多そうですぐに表情に出るので気を遣わせられそうな感じがする。人のことよく考えてくれてるんだろうなと思うけど。絶対にアムロとの間には入りたくない。スパロボでも中間管理職ばっかりやってるから大変だよなぁ。

 

■シャア=アズナブル(機動戦士ガンダム

カリスマ、実力ともに申し分ないし、実力がある人がスマートな態度をとっているとしても全然気にならないけど、たぶんこの人は心は開いてはくれないだろうし、こっちが死んでもコマとしてしか扱われないので自分のマネジメントはちゃんと自分でやらなきゃいけない。一定以上お近づきになるにはまずロリでないといけないのが難点。

 

葛城ミサトエヴァンゲリオン

上司にはしたくない。現場ででかい声が出るのはとてもいいことではあるが、なんにせよものすごい勢いなのでしんどそう。実力はあるにしても、周りの人の評価もキツそうで自分はたぶんいたたまれなくなる。アメとムチを声色で如実に出す人は基本的に信用しないのが自分のスタンスなんだと思う。たぶん合わない。

 

碇ゲンドウエヴァンゲリオン

実はこの思考をはじめたきっかけは「碇ゲンドウって実際上司だったら思ったよりできるやつなのでは?」というところからである。思想が完全にクローズで全員コマ扱いだけど、その分プロデュースが完璧なので、シャアみたいに「まぁ死んだら死んだで、坊やだったのさ、っていうか自分単騎でも十分強いし」みたいな運用ではなく「あいつはここで殺しとく、必要だし」くらいには考えてくれそうな気がする。たとえばシンジ君に対してだって「エヴァに乗るか、さもなくば帰れ」とか言ってるけど、完全に乗るしかない状況をちゃんとプロデュースして、かつ乗らなくてもまぁなんとかなるくらいの策敷いてたわけだし、そこら辺はかなり能力高い。多分普通に仕事してるだけでこちらの能力をちゃんとプロデュースしてくれると思う。

ちょっと気になるのはすぐ同僚や部下の女性と懇ろになってしまうこと。しかも母娘ともって。オフィスラブはできるだけわからないところでやってほしい。

 

■ミスマル=ユリカ(機動戦艦ナデシコ

こっちが末端ならいいけど直上の上官あたりだとたぶん合わない。理性的な人間ほど発狂するくらい困るタイプの上官だと思う。全員が奔放に動く空気を読まない直情型部下たちだからこそ、この天才的上官能力が活きるのであって、だからエリナとか理性的だったり、上官に合わせてしまうような人間はユリカのコマにはなれない、なりにくい。見世物として楽しめる位置で居たい。

これ集めてきたプロスペクターさんってやっぱ頭おかしいよね。

 

 

また思いついたら書こう。